肺の病気の診断に役立つ検査

肺の状態を調べる検査として、胸部X線検査というのがあるそうです。これはおもに心臓、大血管、肺の状態を調べる検査だそうです。フィルムに胸をつけて、背中からX線を当てて撮影すると、空気の多い肺は黒く映るそうです。心臓や骨があるところは白く映るそうです。

白黒の関係は、影絵とは反対になるそうです。ガンや炎症が肺の中にあると、その部位はX線の通りが悪くなって白い影として映るそうです。X線検査のなかでももっともかんたんで、健康診断だけでなく幅広く活用されているそうです。肺がん、肺結核、肺炎などでは、異常な部位が白い影として映るそうです。ただ、病気の影が薄かったり、骨や心臓の影に隠れると病気であってもわからないことがあるそうです。そういった場合は、肺の断面を見ることができる胸部CT検査が有用だそうです。気胸、肺気腫などは病気があるところの空気が多くなるそうです。そのため、黒い「抜け」として映るそうです。気管支拡張症、胸水なども胸部X線写真で指摘されるそうです。

また、心臓や大血管も映るそうなので、心臓弁膜症、拡張型心筋症や心筋梗塞など、心臓が拡大する病気が見つかることもあるそうです。悪化した心不全は肺水腫になったり、胸水が貯留したりすることもわかるそうです。側弯症、骨折、ガンの骨転移、脊椎や肋骨、肩関節の異常がわかったりするそうです。肺炎、肺結核、肺がん、石綿肺、肺気腫などの肺や気管支の病気、心拡大、大動脈・肺動脈の拡大が見つかるそうです。検査をするときには、異常な影が映り込まないようにネックレスや金属のついた下着、ボタンなどは外すそうです。紙や布製の検査着に着替えることもあるそうです。放射線技師の指示をよく聞いてほしいそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *