「在宅医療」とは

医療の専門家チームが、病院に通院が困難な患者さんの生活を自宅を訪問する形で、その日常生活を支援することを「在宅医療」と呼びます。自宅で医療の提供を受けられるという事は、病気や障害をもちながら生活する患者さんやそのご家族にとって、自宅で生活を営みながら療養を行ない、共に生活できるという希望が叶えられるのです。その生活を支える、「在宅医療」現場の働き手の求人をみていくと、様々な専門家が関わる現場である事が分かります。まずは「医師 求人」「看護士 求人」がみつかります。これらの求人は「在宅医療」現場において、代表的な職種となります。その他に「ケアマネージャー」「理学療法士」「作業療法士」「薬剤師」「歯科医師」「歯科衛生士」「管理栄養士」などの求人が見受けられます。「在宅医療」の現場には、様々な専門家が協力し、チームとして医療に携わっています。様々な専門家が関与する「在宅医療」において、「介護」と「在宅医療」の違いについて、疑問をもたれる方も多いのですが、実際には、「介護」と「在宅医療」の連携が現場では必要とされてきます。「在宅医療」の求人には、「医師 求人」「看護士 求人」のほかにも、様々な働き手の支援が携わっている所以でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *