スポットの実態

 非常勤医師を集めているところは、内科や整形外科が多いとされています。内科医はたくさんいるので需要と供給とがバランスしています。同じ内科でも、医師は自分のスキルをアップさせることのできる案件を選ぶ傾向にあります。例を挙げるとすると、消化器内科は応募が集まりやすいとされます。内視鏡の操作はトレーニングが必要なので、その機会を非常勤に求めているのです。美容皮膚科も実践的なスキルを身に付けられるため、人気があります。将来開業しようと考える医師には良い案件でしょう。しかし求人数はあまりないので、競争率は高いと覚悟しなければなりません。

 非常勤職の中で人気の高い資格の一つに産業医があります。現代では会社員の健康管理が昔よりも重視されるようになったことから、産業医の需要が高まることは想像に難くありません。一部の医師は他の仕事に比べて負担の少ない産業医を目指しますが、競争率は非常に高く、募集があっても応募できるかどうかわからないほど人気が集中しています。産業医もそうですが、非常勤職は相応のスキル、即戦力も求められます。非常勤医師を募集している病院は、利潤第一のところもありますが、単純に有能な医師を求めているのは確かです。ですから新米の医師であれば、高待遇の非常勤にすぐに就けるわけではありません。

 但し、新米医師歓迎するケースも存在します。例えばAGA外来などはスキルを求めないことで知られます。就職しやすく、待遇も悪くないため、応募する医師も一定数います。業務内容はマニュアル化されており、後期研修医でもこなせるようなものばかりです。当直医のように肉体的に負担の大きい仕事ではありませんから、躊躇することなく、都市部のクリニックの非常勤に応募する医師はたくさんいます。

 非常勤の仕事としては、訪問診療も転職サイト等で散見します。常勤の中年医師が空いた時間に訪問診療をスケジューリングすることもよく見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *