常勤と非常勤

 常勤医師と非常勤医師とは異なります。法的にも明確に違う雇用状態であり、常勤医師は1日の労働時間が8時間前後で、1週間に換算すれば32時間となります。つまり1週間に4日勤務するのが一般的なのです。非常勤の場合、当然勤務時間はそれ以下になります。ただし、月全体では常勤職と変わらないか、それ以上の時間働いている医師も散見します。このタイプの医師は無理をしているのでしょうが、健康保険法を知らない医師も意外に多いので、気を付けましょう。契約する時、就業規則には一通り目を通さなければなりません。コンプライアンスは今時当然なので、先ずはそこを確認するようにします。入職後に後悔しないためには契約の時点の注意が大切です。

 常勤と非常勤とでは待遇面でな差があるのは当然です。非常勤の場合、いわゆる社会保険料や雇用保険料は関係ありません。病院としては非常勤を雇う方が経営上喜ばしいことが分かるでしょう。ただ、一部の病院は非常勤の待遇を常勤以上に高く設定しています。医師不足と叫ばれる昨今、医師を確保することが先決であり、私立病院等では非常勤の助けに頼り切っているのです。ですから最近の医師は、医師用の転職斡旋サイトを活用することで、有利な非常勤職を得ている者も多いと言われます。転職サイトを利用することで、コンサルタントから希望する条件にあった給与額の高い案件を優先的に紹介してもらえるからです。時給の相場は都心で1万円前後ですから、地方ではそれ以上を期待することができます。診療科目別では、特に外科は高待遇だと言われます。

 転職サイトを利用してスポット勤務を探す場合、複数のサイトを利用するようにしましょう。転職サイトが異なれば案件の内容も大幅に変わります。自分に合ったな求人を見つけるために、たくさんのサイトを利用する他ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *