新しい医療体系

5月 7, 2019 0 投稿者: admin

「在宅医療」をクローズアップしながら、その現場で働く人々の求人を紐解いてみました。そこには「医師 求人」「看護士 求人」をはじめ、「ケアマネージャー」「理学療法士」「作業療法士」「薬剤師」「歯科医師」「歯科衛生士」「管理栄養士」などの求人が多くみつかり、様々な、専門知識と技術をもつスペシャリストが求められている事が分かります。今後の日本社会が抱える問題としての少子高齢化を支える「医療」の新たな体系として、多くの求人を必要としている分野となります。多くの医療現場で、人手不足が叫ばれていますが、その中でも「在宅医療」は、皆さんの生活の基盤を支える身近な存在となってくれるのではないでしょうか?

人生の最期を迎える時に、皆さんは、どこで迎えることを願いますか?多くの人が、住みなれた自宅で家族とともに安らかな最期を迎えることを希望しているという中で、実際には約7~8割程度の人々が、自宅以外の医療機関などで最期を迎えると言われています。「在宅医療」は、人間の生き方とその最期を考える医療につながっていきます。在宅医療では、「医師 求人」「看護士 求人」などを含む、多くのスタッフの働き手を必要としています。少子高齢化社会の到来を前に、日本社会に必要な医療の1つの形として、「在宅医療」とその働き手について考えてみて下さい。