スポット勤務と給与

1月 23, 2019 0 投稿者: admin

 非常勤医師であれば給与は様々です。勤務内容もそうですが、医療機関、診療科目がことなれば給与も大きく変わります。常勤職と比較した場合、時給に関しては大差ありません。常勤職と違うのは、福利厚生や各種手当でしょう。これらの支給は期待しない方がよいので注意して下さい。非常勤で採用された時の実態はこうです。契約書が渡されます。賃金、年収等が書かれているので、それらをきちんと確認してから決意することになります。あまり人気のない休日勤務、当直勤務等は待遇の良いものが多いとされます。一部の医師は体力に自信があるのでしょう。敢えてそれらの仕事を選択しています。

スポットを探す→ https://ishi-kyujin.com/search

 非常勤であっても均一ではありません。医療機関が異なれば、給与も変わってきます。言うまでも無く、国立病院、公立病院、私立病院といった違いは、明確に給与額に反映されます。国公立の医局に勤めると、私立病院の待遇に比べれば待遇が良くないことを覚悟しなければならないでしょう。ですが、共済年金に加入できたり、公務員でいられたりすることはメリットです。但し、私立病院であっても週に30時間以上勤務すれば、社会保険に加入することができます。それぞれのメリット、デメリットを細かく調べた上で、医師は自分の職場を決定しているのです。

 非常勤職といえば、掛け持ちすればそれだけ収入が増えるのは間違いありません。但し、確定申告しなければならないのは面倒です。手続きに瑕疵があれば法律違反に問われるのは当然なので、非常勤医師の多くは外部サービスを利用しています。この種のサービスを利用すると、契約書の説明も行ってくれるので便利です。通常、非常勤医師の契約書の内容は、給与、福利厚生、手当等で構成されており、細かく分けると、学会参加費用の負担、住宅補助等が記されています。