非常勤医師

 非常勤の医師でも得することがあります。それは、常勤職と同時に担える点です。常勤職も担っていれば、収入は働いた分だけ増えるというわけです。実際常勤医師であろうと、非常勤にも就いている医師が多数派です。収入は増えるのはもちろんのこと、常勤職では無縁の権威あり医師に出会えますし、人脈は広がります。それに常勤中に経験できないよう症例、スキルを知り、確かな技術を身に付けることもできるでしょう。非常勤は他業種と同じく、常勤よりも楽に働けます。常勤の一部だけでも非常勤に変えることができたら、医師の辛さは減るでしょう。非常勤にはほかにも魅力があります。都合よく自由に、勤務日や勤務時間帯を決めることができる点です。最近はライフスタイルを重視することが推奨されており、非常勤に逃げることはとても大切です。

 非常勤のデメリットといえば何でしょうか。非常勤だけで生計を立てられますが、キャリアを積めるような仕事は経験できないでしょう。専門家としてキャリアアップしたいのであれば、避けるべきかもしれません。キャリアのある医師でも、自分のスキルや経験を活かす機会は訪れません。優秀な医師程、満足を得られないでしょう。常勤とは違う点としては他に、一般企業でも見られますが、労働条件が思わぬタイミングで変わることです。医師であっても解雇されないとは限りません。

医師が非常勤職を求める場合、上司や同僚の紹介がきっかけであることも多いのですが、それだけでは条件と自分の希望が合致しないこともあるでしょう。転職サイトを利用するのも悪くないでしょう。医師は忙しいものです。医療業界の精通したコンサルタントが何でも準備してくれます。待遇や契約の内容、職場環境を丹念にリサーチしてくれるので安心できます。