医局と法

医局が支配下の病院に医師を派遣するのはどうなのでしょう。普通の企業の職業紹介事業や労働者供給事業とあまり変わらないように思います。では職業安定法に引っ掛からないのでしょうか。厚生労の話によると、医師の立場に関わらず、医局の命令で勤務先が決まるということは支配関係のある斡旋を疑わせるものになります。つまり労働者の供給に該当する可能性があります。そしてその行為を繰り返すと、医局は職業安定法を犯しているともとれますから、指導を受ける羽目にはります。もちろん社会的常識からいって、研修医が研修先を指示されて働くようなのは違法行為とは考えにくいものです。研修医の労働については、別途議論が必要でしょう。

 医局の影響力は、「白い巨塔」のような作品に見られるように、皆知るようになりました。今でもたくさんの医学部で偉そうにしていることは確かです。悪い文化となった医局の存続については、医療関係者はもちろんのこと、知識人は心配しています。そもそも医局は教授を一番偉いという仕組みを、大学や病院の診療方針を決定したり、人事の決定がスムーズに行われたりするためには、必要悪であると考えてきました。この認識には必ずしも悪とは言えませんが、支配関係は生まれるでしょうし、利権が生じることは防ぎようがありません。権威を維持するためには、医局同士が協働することもできなくなり、社会が医療に求めている協力体制を妨げることも長い間言われてきました。

こうしたこともあり、新研修医制度が導入されるようになりました。ゆっくりではありますが、あたらしい医局の力は低下してきたのでしょう。例えばあたらしい医師が都会のクリニックを希望すると、医局の命令があって田舎の病院に赴くことを嫌い、退局するケースも最近は増えてきています。